スポンサーリンク

ひるおび|【ファイターズ】新庄新監督が清宮にダイエット指令!?MVP最終候補の大谷翔平には”素晴らしい” (21/11/09 19:00)

スポンサーリンク
ひるおび
スポンサーリンク

11月9日(火)沖縄県国頭村で秋季キャンプを視察中の北海道日本ハムファイターズ新庄剛志監督(49)。視察初日の朝は、全身赤のウエアで球場入りし、午後からは上下黒のウエアに着替えてスタジアムに現れたビッグボス新庄監督。2日目は上下白のウエアに茶色いヘアバンド、ゴールドのスニーカーに身を包んで球場入り。待ち構えていた報道陣の前で取材に応じました。

 ー今日の練習の狙いは
「今日は実戦が入ってくるのでタイミングの取り方とかどういう振りをするかというところを見ていきたい」

 ー今日はバッティングもありますが
「選手の動きかな、昨日の車に乗ってやったやつでも助走で強く速い球を投げようとするとどうしても助走が力んでしまう。この助走が5%くらいかな、5ぐらいからスタートしてかないと100%に持っていけないのでここもみんな力が入ってるここで力が入ってるんだけど、多少の緩みが目だったかな。力が抜けてここが100%だとあれから6メートルぐらい先に投げられる」

 ービッグボスが来て選手は気合が入っているように見えますが
「気合入ってるのかな。気合入ってほしいしその中で楽しく、苦労を楽しんでもらえる野球がいいので僕は。僕がそうだったんで」

 ー動画をご覧になって選手の名前は覚えましたか
「もうバッチリ!もう僕は早いんで気になったらすぐ調べてこの子かというのはチェックした。僕的には昨日のパフォーマンスはちょっとイマイチだった。僕の仕事は野球じゃないんで」と、この日も朝から新庄節が全開でした。

 全体練習が始まると外野の芝生でウォーキングを始めた新庄監督。しかしそこはビッグボス、ただ歩いているだけではなかったようです。「かかとから歩いて最後に親指でくって上に上がるイメージで歩くとヒップアップにつながります。毎日みんな歩くでしょ。だったらちょっとした意識でスタイルをよくする」と意識の高さも見せました。

 その後、元チームメイトの紺田敏正二軍外野守備走塁コーチ(41)と身振り手振りで何やら談笑。すると、球団スタッフがメジャーで距離を測る横で監督自らスローイングのフォームを確認。そして新庄監督がボールを上に投げて合図を送ると、一斉にキャッチボールリレーがスタート。若手野手を相手に素早い送球の練習を繰り返し行い、徹底的に基礎を叩きこんだ新庄監督は、自身が持つテクニックを惜しみなく伝授。初日に引き続き独自の練習法を披露します。

 その後、行われた試合形式のバッティング練習では外野を守る万波中正選手(21)にマンツーマン指導。現役時代にゴールデングラブ賞を10度受賞した守備の名手の血がさわいだのか「今のは捕れると思った?」などと声をかけ、ボールの追い方などをチェックしました。

 そして今日の練習で目についたのは多くの選手達と積極的にコミュニケーションをとっていたことでした。初日は選手の名前が分からいと言っていた新庄監督でしたが今日で選手との距離も近くなったようです。

 さらに今日は新庄監督からサプライズがありました。「ビッグボスから報道の皆様へ」のメッセージと共に報道陣に向けて80人分のおにぎりとサンドイッチ、飲み物を差し入れとして用意。報道陣へ粋な計らいを見せてくれました。

 視察2日目を終えた新庄監督はー

 ー清宮選手と何を話しましたか
「デブじゃない、ちょっとやせない?やせてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いっていうけど変えないと。今もそんなに打球飛んでないよ、昔の方が飛んでたよ。昔の方がスリムじゃなかった?それはキレがあったから今はちょっとキレがない気がするからさせてみよう。やせた方がモテるよ。かっこいいよ」と特別なアドバイスを送ったことを明かしました。

 ー大谷選手がMVP最終候補に残ったが
「素晴らしいですよね。投げても打ってもまずはホームラン王争いの場所に日本人がいることがありえない。俺と一緒にやったバリー・ボンズの記録をマジで抜いてほしいな。今まで見たことないっていう人ばっかり人間的にも性格も考え方もすべてパーフェクトだけど可愛さはないね。ちょっとぐらいダメなところが合ってくれた方が。ウソだよ、大谷君」とエンゼルス大谷翔平選手(27)についても言及しました。

スポンサーリンク
ひるおび
スポンサーリンク
kanadeをフォローする
スポンサーリンク
今日のワダイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました